カテゴリー「 ガセlog」の3件の記事

2008年4月 1日 (火)

聖火リレーに遅れ

【news gasse】オリンピックの開催式に聖火が灯らないかもしれない。チベット問題に対する抗議から、その象徴ともいえる聖火リレーを拒否する発言も相次いでいる中で、4月1日、北京五輪の聖火はカザフスタン共和国のアルマトイに入った。まずは順調かと思われたリレーだが、思わぬ事態が発生しオリンピック委員会は頭をかかえている。

 空路で北京より運ばれた聖火トーチを受け取った現地走者のバエフ・ナザール氏が、突然地面にうつぶせになり、また立ち上がるという動作を繰り返しながら進み始めたからだ。ナザール氏は聖火を受け取る際、「チベットで苦しむ人々を支援する意思を表明する為、五体投地(ごたいとうち)で聖火を運ぶ」と周囲に宣言したという。

 五体投地は仏教における最上の礼拝で、チベット仏教の聖地カイラス山を回る姿などで知られる。但し、一度の礼拝で身の丈程しか進めず、聖火リレーの大幅な遅れが予想される。各国の予定走者の中でも、ナザール氏に倣うことを表明するものが相次いでおり、今後の動向次第では、開会式に聖火が間に合わない可能性が出てきた。

 中国の政府高官は「今回の行為は、ナザール氏がムスリムであるための礼拝で、神聖な五輪に対する敬いの気持ちを表現したもの。チベットとは全く関係なく、聖火を持ったままでは危険なので止めるよう伝えてある」とコメントし、事態の収拾を図っている。

 一方で、チベット人権擁護団体からは、「イスラムの礼拝では通常前には進まないので、あれは中国政府に対する抗議で間違いない。しかも、暴力によらない最も平和的な手法をとったもの。中国政府をはじめ各国は、これを真摯に受け止めて欲しい」との声が上がっている。

 また、聖火リレーに抗議したところ、炎を噴射されたという団体があり、平和の象徴たるオリンピック・トーチに火炎ブースト機能が備わっているらしいことが問題となっている。

(以上、ニュース・ガッセ)


「中国政府にはチベットでの政策を見直すよう強く求めます(これはホント)。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

豚肉入り段ボール

【news gasse】北海道苫小牧市の紙加工業御美見賀(おみみが)段ボール㈱が29日自己破産を申請したことが明らかとなった。同社は主に同市食肉加工販売業ミートホホップ社より仕入れたクズ肉を原料とした段ボールを製造していたが、ミ社の一連の偽装事件による操業停止にともない原料調達ができなくなり業績が悪化していた。

 御美見賀徹社長は会見で「一時期ミートホホップ社からのクズ肉が殆ど手に入らなくなり困っていたが、一年前より幾らか状況が改善していた。同社の偽装が囁かれだし発覚を怖れた結果クズ肉が増えたのだろう。結局、偽装発覚によりわが社も被害を被ったかたちだ。まじめに働いてくれた社員には申し訳ないが、ミ社のクズ肉は品質が高く、他からのものでは強度が確保できないので仕方ない」と語った。

 中国のいわゆる段ボール入り豚まんとの関連を質された社長は「中国に輸出する際の梱包資材として用いられている可能性はあるが、むこうの業者との取引はない」と直接の関与を否定した。現在のところ段ボール入り豚まん報道は捏造で事実ではないという見方が有力だが、豚肉入り段ボール入り豚まん説として新たな波紋を呼びそうだ。


(以上ガセニュース)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

ディズニーシーにエチゼンクラゲ!?

Jerryfish【news gasse】クリスマス前の東京ディズニーシーで、園内のメディテレーニアン・ハーバーにエチゼンクラゲが集団発生していることが話題となっている。

 数年来、夏から秋にかけて日本海沿岸を中心に大発生し、漁業に深刻な被害をもたらしているエチゼンクラゲだが、今年は潮流の影響か太平洋岸にも多く姿を現わした。一般的に低水温下では活性を失い、14~5℃以下ではその多くが死滅するはずのクラゲだが、ここ数日の寒波の中、またディズニーシーという閉じた水域に突如出現したことに関係者は一様に驚いている。

 係員が試みに夜間ライトで照らし出したところ、暗い水面に大小のエチゼンクラゲが幻想的に浮かび上がった。アトラクションに並び疲れた人たちが癒しを求めて集まりはじめ、今では園内屈指の人気スポットとなっている。同園ではハーバーサイド・クリスマスの期間中、「TDS ジェリーフィシュ・ナイツ」としてライトアップを続ける予定。周辺の売店は話題のクラゲアイスを求める人たちで混雑している。

 ▽千葉水産海洋研究所員の話 「エチゼンクラゲは通常のクラゲとは異なり、ポリプが歩くように移動しながら増えていくことが分かっている。今回の発生場所が閉鎖性水域であることから考えて、ポリプが陸を歩いたということもありえる。想像すると楽しい。」


※この記事は虚構新聞社に感動したので遊んで作ってみました。言うまでもなくフィクションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)